​学長・委員代表より挨拶

​学長挨拶

髙橋学長.jpg

津田塾大学学長
​髙橋裕子

津田塾祭の開催によせて
 
 多くの皆さまのご支援のもと、第62回の津田塾祭を迎えられますことを、心より感謝いたします。 
 今年度のテーマは”Tsuda in Full Bloom!”です。新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、昨年に続いて今年も小平キャンパスでの開催を見送り、オンラインでの開催となりました。
 初のオンライン開催となった昨年の津田塾祭は、関係者すべてが試行錯誤を繰り返しながらも成功裏に終えることができました。今年度は前回の貴重な経験を活かしつつ、さらに進化した津田塾祭を目指して、実行委員会をはじめ参加するすべての学生たちが仲間と協力し、励ましあいながら開催へ向けて取り組んでまいりました。
 当サイトにご来場いただいた皆さまには、津田塾生の想いが込められた各種の企画や展示をご覧いただき、コロナ禍にあっても凛とし、福を手繰り寄せる塾生たちの「満開」の力を感じとっていただければ幸いです。

​委員長挨拶

皆さま、こんにちは。
この度は、第62回津田塾祭のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

津田塾祭の開催にあたり、協賛企業様、津田塾祭実行委員のみんな、参加団体の皆さま、大学の先生方や職員さん、津田塾祭を応援してくださっている全ての方々に、この場を借りてお礼申し上げます。

そして、委員一人ひとりが、それぞれの場所から「みんなで創る津田塾祭」をモットーに、それぞれの得意なことを生かし、仲間とアイデアを共有しながら準備に励んでくれたことを誇りに思います。

また、オンライン開催にも関わらず、共に津田塾祭を創り上げてくださった参加団体の皆さまに、心より感謝申し上げます。


さて、多くの人々が共に創り上げた津田塾祭が、いよいよ幕を開けます!

今年度の津田塾祭のテーマは『Tsuda in Full Bloom!』。「青春真っ盛りの津田塾生たちが、その才能を盛大に開花させる華々しい学祭に!」という意味が込められています。

今年度もオンラインでの開催となりましたが、コロナ禍という厳しい状況の中でも常に動き続ける津田塾生の姿を、津田塾祭を通してより多くの方々に見ていただき、何か感じていただければ幸いです。

どうぞ、皆さま、最後まで津田塾祭を共に盛り上げ、共に楽しみましょう!

 

第62回津田塾祭実行委員会委員長

森山裕香子

​副委員長挨拶

この度は、第62回津田塾祭公式HPをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

今回の津田塾祭を中心となって築いてきた私たち1,2年生は、新型コロナウイルス感染症の影響で、望んでいた大学生活は愚か、サークル活動や津田塾祭などの学校行事も、ほとんどオンラインという状況下にあります。実際に、津田塾祭実行委員会の委員全員がオフラインで顔を合わせたことや仕事をしたことがなく、委員会の運営そのものに頭を抱えた時期もありました。
ですが、津田塾祭を楽しみにしてくださっている方々や、悩んだ時に暖かい言葉をかけてくださった先輩方、一緒に頑張っている実行委員のメンバーの存在があったことで、第62回津田塾祭開催に向けて準備を進めることができました。

 

第62回津田塾祭は、昨年度の津田塾祭よりも多くの新企画があります。また、今年度はYouTube LIVEでの配信をメインとして開催いたしますので、YouTubeを開けばどこでも楽しむことができる、身近な津田塾祭になっております。
第62回津田塾祭をどうぞお楽しみください!

 

第62回津田塾祭実行委員会副委員長

山本さくら