​多文化・国際協力学科

10月22日()16:00~16:40

​丸山先生

教えて!
~文化人類学のあれこれ~
(事前録画)

​Q&A

1.先生の研究内容について

南部アフリカの狩猟採集民サン(ブッシュマン)の社会の変化を追うために、文化人類学的なフィールドワークを続けています。最近は先住民運動や観光開発の影響に注目しています。

2.好きなもの・ことについて

行ったことのない場所を訪れて、あたりをうろうろしたり、そこに住む人とおしゃべりしたり、そこにしかないものを食べたりすること。好きなことを仕事にできたのは嬉しいことです。

3.最近ハマっていること・最近楽しかったこと

最近は、北海道のアイヌの人々のところへ通って、いろいろと教えてもらっています。新しく知ることばかりです。

4.学生の時に熱中していたこと

いわれてみれば、熱中するって経験、あまり身に覚えがないです。でも、友だちと話し込んだり、お酒飲んだり、論文と格闘したりしているうちに、気づくと朝になっていたことがよくありました。そういう真夜中の活動は、いまはもうできなくなったけど、いまから思うとすごく楽しかった。

5.研究のきっかけ

就活もうまくいかなかったし、どこか遠くに行ってみようかな…と。自分とはまったく違う暮らしをしている人のところで勉強させてもらったら、なにか開けるかもしれないと思いました。行ってみたら「まったく違う」ってわけじゃないことと、行ったくらいじゃ「なにか開ける」わけでもないことがわかりました。

6.津田塾のおすすめのポイント

学生が素晴らしい。それに尽きます。

7.学生や高校生への一言

世界は「よくわからないこと」で満ち溢れています。その中のほんの一部でもわかるようになることと、そのほとんどがやっぱりぜんぜんわからないということに気づくこと、どちらも楽しいことです。それができるのが、大学という場所です。どうぞ満喫してください。